腱鞘炎はギプス・サポーターで固定しなければ治らないのでしょうか?

腱鞘炎が発生してしまった場合は、
ギブスやサポーターでがっちりと固定して、
動けなくしたほうがいいのでしょうか??

 

 

答えは、NOです。

 

適度な圧迫のサポーターであれば有効ですが、
ギブスのようにガチガチに固めてしまうものや、
固定力の強すぎるサポーターを着用していると
逆効果になることが多いので、要注意です。

 

 

手術食後など、ギブスを使わなければならない
非常に重症度の高い状態では必要かもしれませんが、
それ以外のときに使うと、症状が悪化していきます。

 

固定すればするほど、症状は軽減していきますが、
外した後に急激に負担が掛かるようになってしまい、
その後、症状が再発&悪化することがあるんですね。

 

固定力の強すぎるサポーターを使っている場合は、
腱の部分が余計に固定されてしまうようになり、
腱がこすれて症状が起こることもあります。

 

適度なサポーターを使うのが最適で、
その中でもザムストから販売されている
手首&前腕のサポーターが有効だと思います。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ