腱鞘炎のとき、腕の治療は有効なのでしょうか?

腱鞘炎になってしまったときに、
腕を治療することは有効なのでしょうか?

 

答えは、YESです。
非常に効果的な治療になります。

 

腱鞘炎の痛みは指や手首に出ることが多いので、
そこだけを治療する院も多いのですが、
実はそれだけだと治療が足りないんですね。

 

前腕部分の筋肉が手首や指にくっついていて、
筋肉によって引っ張られることによって症状が悪化し、
腱鞘炎が治りにくくなることがあるんです。

 

だから、腱鞘炎をしっかりと治療する場合には、
症状が出ている部分だけではなくって、
その原因となる腕の部分を改善する必要があるんですよ。

 

腕の治療は一見すると何の関係もなさそうですが、
実際には非常に効果的な治療になっているので、
ぜひ治療してもらいたいと思います。

 

セルフケアを行う場合もまったく同じ考え方で、
指や手首の治療だけではなくって、前腕から上腕の
腕全体の治療を行っていく必要があります。

 

痛みを取り除くためには、
症状だけでなく原因を改善することが重要です。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ