腱鞘炎にコンドロイチンは有効なのでしょうか?

腱鞘炎にコンドロイチンは有効なのでしょうか?

 

答えは、NOです。
そもそも、腱鞘炎は関節の怪我ではないので。

 

コンドロイチンは関節の怪我に効果的とされている
関節成分の一種ですが、多くの会社から
サプリメントとして販売されるようになっています。

 

おそらく多くの方が、一度はコマーシャルなどで
聞いたことがある名前だとは思うのですが、
関節には有効性がある成分なのかもしれません。
※実際のところ、それすら分からないのですが…。

 

ただ、腱鞘炎は関節の近くに痛みが発生していますが、
コンドロイチンが関係している関節の内側ではなく、
関節の外側の症状なんですね。

 

コンドロイチンは、骨の内側に効果的とされていますが、
腱鞘炎は、骨の外側で発生している症状ですから、
そもそも効果がまったくないんですよ。

 

このことを知っておけば、
無駄なものを購入することがなくなりますね。

 

膝の痛みでも、すべてが関節の中ではなくって、
多くは関節の外側に発生している症状なのに、
マスコミなどでは「関節内」しか流れていませんね。

 

偏った情報によって多くの方が洗脳されていて、
本当の情報にたどり着いていないことが多いので、
十分注意していただければと思います。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ