腱鞘炎のとき、ボクシングはやっても良いのでしょうか?

腱鞘炎のときは、ボクシングはやってもよいのでしょうか?

 

僕自身、かつてキックボクシングをやっていたのですが、
腱鞘炎のあるときには、ボクシングはおすすめできません。

 

ミット打ちくらいのパンチングであれば問題ありませんが、
サンドバッグを打ち込むのはちょっと負担が大きすぎますね。

 

シャドーや走りこみ、マススパーリングなど、
手首そのものに負担が掛からないものであれば
ほとんど症状は出ないので、問題ないと思います。

 

ボクシングの方は、特にバンテージをきつく巻きすぎると、
症状がきつくなってしまいますから、
バンテージの巻き方に注意してもらいたいと思います。

 

バンテージを強く巻けば巻くほど、
こぶしの保護になりますし、力も加わりますが、
腱鞘炎にはなりやすいので注意してくださいね。

 

サンドバッグをやらなければ、
他の強打以外の練習をやっても
腱鞘炎には問題ないと思います。

 

あと、練習後には必ず拳を冷やすようにして、
炎症を最小限に抑えていくようにして、
症状を制限していくことが重要になります。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ