腱鞘炎のとき、野球はやっても良いのでしょうか?

腱鞘炎のときに、野球はやっても良いのでしょうか?

 

腱鞘炎のときに野球をやりたい方もいると思いますが、
ピッチングや守備であればやってもかまいませんが、
バッティング練習はやめておいたほうがいいですね。

 

投げる動作のほうが痛みが起こりやすそうですが、
実は、バッティング動作のほうが痛みを起こしやすく、
腱鞘炎がひどくなってしまうことがあるんですね。

 

バッティング動作だと、グイっとバットをつかんで
握力を常に使い続けるような状況になっているので、
腱鞘炎が発生しやすくなっているんです。

 

投球動作のほうが腕をよく使っていますが、
純粋に前腕部分にかかる負担の大きさは、
バッティングのほうが大きいんです。

 

だから、バッティング練習はやめたほうがいいですよ。

 

一般的には逆に言われてしまうことが多いのですが、
実は、常識とは異なるほうが原因となることが多いので、
ここは注意してもらいたいと思います。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ