腱鞘炎のとき、ソフトテニスはやっても良いでしょうか?

腱鞘炎になってしまったときに、
ソフトテニスはやり続けても良いのでしょうか?

 

 

ソフトテニスをやっていると
腱鞘炎になってしまうことがあるのですが、
ソフトテニス自体はやってもらっても構いません。

 

ただし、腱鞘炎と肘へ負担を加えてしまう
前腕の筋肉のダメージが考えられるので、
そこに対してはしっかりとケアするようにしてください。

 

 

前腕の筋肉が硬くなればなるほど、
手首と肘に負担が入るようになりますから、
前腕のストレッチやマッサージが有効になります。

 

超音波治療で深部から原因を取り除くのも
非常に効果的な治療になると思います。

 

ソフトテニスに限らず、グリップが関わるスポーツでは、
グリップが握りにくい場合に腱鞘炎が起こりやすいので、
グリップには十分注意してもらいたいと思います。

 

 

特に、ドライタイプのグリップテープを使っていると、
乾燥してすっぽ抜ける感じになってしまい、
余計に前腕に負担がかかることがあるんですね。

 

だから、腱鞘炎になってしまった場合には、
ウェットタイプでしっかりと握りこめるような
手になじむタイプのものを使用するといいと思います。

 

テニス直後には、アイシングを行うようにして、
炎症を抑えることも忘れないでください。

 

 

また、ソフトテニスの場合、硬式テニスよりも
振りぬくスピードがアップしやすい傾向にありますから、
若干スピードを落とす感じで振りぬくようにしてください。

 

ビュンビュン振り回し続けることによって、
前腕に強烈な負担が入るようになってしまいますので。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ