ギターで右手・左手の手首が腱鞘炎なのですが、どうすれば良いでしょうか?

ギターをやっていると両手の手首が
腱鞘炎になってしまうことがあるのですが、
どのように対処していけば良いのでしょうか?

 

 

ギターの中でも、アコースティックではなく
エレキギターのほうが腱鞘炎になりやすく、
痛みを引き起こしやすいとされています。

 

アコースティックギターよりも
エレキギターを演奏していくほうが
腕への負担が大きいので、腱鞘炎になりやすいです。

 

 

このとき、ただ単に腕の使いすぎで
腱鞘炎が発生しているというわけではなくって、
背中の負担が原因になっていることが多いんですよ。

 

ギターを長時間演奏し続けていると、
背中に負担が入るようになっていくので、
すぐにパンパンに凝り固まってしまいますね。

 

その状態で続けてギター演奏をしていると、
手だけで演奏する形になってしまって、
腕に負担が入り続けてしまうんです。

 

本来ならば、背中もギター演奏に使われるのに、
背中が上手く使えなくなってしまうと、
どんどん腕の負担が大きくなってしまうんです。

 

ギター演奏で発生した腱鞘炎は、
背中の治療をしっかりと行うようにしましょう。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ