腱鞘炎のとき、バイオリンをやっても良いのでしょうか?

腱鞘炎になってしまったとき、
バイオリンはやっても良いのでしょうか?

 

 

実は、バイオリンを弾き続けていると
腱鞘炎になりやすいんですね。

 

性別関係なく、腕に力が入りやすい楽器ですから、
自然に腱鞘炎が発生することが多いです。

 

 

しっかりとしたケアを行ってもらえれば、
バイオリンをやることは問題ないので、
ケアの方法だけ覚えておくようにしてください。

 

バイオリンによる腱鞘炎のほとんどが、
前腕の筋肉が張ってしまっていることによるものなので、
前腕の筋肉に対して、クリームを使用してマッサージしてください。

 

腱鞘炎を放置しておくと、肘の痛みになることもありますし、
逆に、先に肘の痛みが出てから、後で腱鞘炎が発生する、
非常に厄介な症状ですので、マッサージしておいてくださいね。

 

練習後には、手から前腕部分をアイシングしてください。

 

気づきにくいのですが、楽器演奏においても
炎症が発生することは多いですから、
必ず痛みの出ている部分にアイシングを行ってください。

 

あと、バイオリンは特に首周りにも負担が入るので、
首の筋肉に対してもマッサージを行ったり、
セルフケアを行うようにしていきましょう。

 

このようにしていけば、
休むことなくバイオリンを継続できますよ。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ