雑巾絞りで腱鞘炎が痛むのですが、どうすれば良いでしょうか?

雑巾絞りを行うと腱鞘炎が痛むことがありますが、
どのようにすれば良いのでしょうか?

 

 

まず、雑巾絞りレベルで痛みが出ているということは、
かなり症状が進行している可能性が高いので、
まずは病院の鎮痛薬を飲むようにしてください。

 

痛みが消えている状態で、
さまざまな治療を行ったほうが効率的です。

 

 

雑巾絞りで痛みが出ている場合には、
手首に直接ダメージが入っているものと、
肘の部分の負担が合併していることが考えられます。

 

実は腕をひねる、手首を回すという動きは、
手首ではなくって肘の関節が行っているんですね。

 

肘の部分で骨が回転することによって、
手首の部分がぐるんと回転するようになり、
見た目は「手首が回転した」ように見えます。

 

だから、雑巾絞りのように手首の回転によって
痛みが出ている場合には、手首だけでなく
肘の部分の治療を行う必要がありますね。

 

腱鞘炎でどれだけ手首・指に痛みがあっても、
肘の部分を治療していなければ、
このタイプの腱鞘炎では改善されないんです。

 

手首だけでなく肘をしっかりと治療して、
腕全体を改善していくことが必要になります。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ