腱鞘炎で内出血することはあるのでしょうか?

腱鞘炎で内出血することはあるのでしょうか?

 

 

答えは、NOです。

 

腱鞘炎がどれだけひどくなったとしても、
内出血が起こることはありませんから、
腱鞘炎以外の可能性が高いです。

 

 

内出血が発生している場合は、
関節をひねって出血しているか、
どこかでぶつけて出血していることが多いですね。

 

腱鞘炎は、腱がこすれて痛みが出ているものなので、
どれだけ腱がこすれたとしても、血管が周囲にないので、
出血することはまずないんですよね。

 

 

だから、じっくりと内出血が起こっている場合には、
他の怪我の可能性が高くなってしますので、
十分注意してもらえればと思います。

 

多いのは、手首の骨の骨折や捻挫がありますし、
知らないうちに突き指のようになっていることもあり、
このあたりは見分ける必要があるかもしれません。

 

ということで、出血している場合には、
再度病院の先生に検査をしてもらうようにして、
本当の原因を見つけていくといいと思います。

 

 

多いのが腱鞘炎だと思って治療を受けていたのが、
実は関節の捻挫だったというケースです。

 

本人が気づかないうちに関節部分をひねってしまっていて、
日常生活で負担が加わるうちに痛みが出てくるケースが有ります。

 

ひねった時には痛みをまったく感じていないのに、
繰り返し同じ動作を行い続けることによって
腱鞘炎と同じような症状へと移行することがあります。

 

捻挫と腱鞘炎はまったく異なる治療が必要ですから、
もう一度、ひねったりしていないかを思い出してほしいと思います。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ