腱鞘炎にキネシオテープは有効なのでしょうか?

腱鞘炎にキネシオテープは有効なのでしょうか?

 

 

答えは、YESなのですが、
僕自身は治療でキネシオは使っていません。

 

 

キネシオテープは、固定するためのテープではなく、
筋肉の走行に沿って貼り付けることで、
筋肉の代わりをしてくれる不思議なテープです。

 

しっかりとした方法で貼り付けるようにすれば、
非常に効果的な治療方法ですのでオススメですが、
腱鞘炎においてはオススメできません。

 

 

治療効果がないからオススメできないのではなく、
生活の中で邪魔になってしまうので
ライフスタイルを考慮するとデメリットが大きいんです。

 

腱鞘炎ってスポーツ選手がなるよりも
一般の方が発生する割合のほうが大きいのですが、
日常生活でテーピングがあると、すごく邪魔なんですよね。

 

 

キネシオだけでなく、ホワイトテープもそうだし、
包帯だって手首の周辺に巻いてあったら
すぐに取れてしまって意味がなくなってしまいます。

 

症状を改善するために貼り付けたはずなのに、
あまりにも動かす箇所なのですぐに取れてしまって、
まったく無意味な状況になってしまうことが多いんです。

 

毎日交換しに来てくれる患者さんにやることはあっても、
ほとんどの方が、毎日通院するのは無理でしょうし、
交換していてもすぐにとれてしまうんですよね。

 

だから腱鞘炎に限っては、テーピングではなくって
サポーターの着用をオススメしたいと思います。

腱鞘炎の痛みでお困りのあなたへ